庇(ひさし)兼用
太陽光発電パネル設置工事開始

今回のシステムは、壁面設置型でオフグリッド型
壁面設置型の欠点である、発電効率低下を防ぐ為
窓上に庇(ひさし)と兼用で設置します。
 
妥当な角度なので、発電効率低下も見込まれず、
雪も落ちやすい構造なので、
冬季、パネル積雪による発電停止も防げます

また、を設置する事により、夏場の直射日光の室内侵入を抑制し、
室内温度の上昇を防ぎ省エネに貢献します

↑庇部分です(板金加工してあります)

↑設置面の雪削除と、図面を確認する施工部隊

↑フレーム取り付けビス穴にコーキング処理

↑弊社共同開発によるオリジナルフレームとマウント状況(飾りフレームレス仕様)

#エネルギー地産地消
#オフグリッドシステム
#ひさし併用
#庇併用

 

 

よく読まれている関連記事