ビジネス概念「4C」の続き

今日は

“Customer cost”
↓高そうな野菜

C型の場合、
全部の中心観点は、
基本的に、

お客先の事実から鑑みる

 

感覚的に、
お客先のコスト感に

マッチさせる

——-

100円の時計

500万の時計

選ぶ人の差を感じる事

機能は同じでも、

購買側の多くの状態は
異なるので、

 

そこをリサーチして展開、

 

チョイスして、

ビジネスモデルにする

 

 

こちらが考える、
「これでいいんじゃない?価格」

ではなく

相手が望む
「これならいい!価格を」

創造してプロダクトに仕上げる

 

多様性への対応を絞る

 

 

 

 

呼応する、
「4P」も調べて見て下さいね(^^)

 

 

 

 

 

よく読まれている関連記事