その昔やっていた、
講演資料を見ていたら、
表現の方法が、
イマイチだけれど(笑)、

面白い羅列(本人談)があったので、

今日はそこから。

「どこでもいいから5軒持つ」
貴方にとっては、、

多分、この時書いた、
5軒のターゲットは、

「飲食」なんだと思います。(自分の事なのに)

 

大きく分けて、「飲食店」で考えます。

・スナック
・ラウンジ
・サパー
・クラブ
・バー

「飲む」に注目してこれくらい

・居酒屋
・日本料理
・ステーキ系
・イタリアン
・フレンチ

「食べる」に注目してこれくらい

 

注目点は、

「だれかと一緒に行っていい店」

美味しいのはもちろん、

一緒に行った方が、
喜んでくれる処

ココがキーだと思ってます。

 

おなじみさんに
なって置く事が大事。

想像してください。。

素晴らしい人格の方に
食事なんかに誘われる。。

 

誘われた先での

 

「ホストへの店側からの対応」
(引いてはあなたへの対応)。

 

ここに、、

「流石!」と
感じませんでしたか?

 

そこです。。
だから、貴方にとっては、どこでもいい訳です
どうでもいい訳じゃないですよ。

臨機応変に場所をセレクト出来る。。

悩まないので時間ロスもないしですし、

ゲストの事を考えた動きを

廻りがやってくれる。。。

 

 

「かっこよさ」が違います(笑)

 

よく読まれている関連記事