★大失敗★

ステージ部材一式持ってきたのですが、
失敗しました。。。。。

「床強度」です。

昨年同様の装備で来たものの

今回のステージ仕様が
広く、長くだったので、、

中間の「たわみ」が多くて

若干跳ねるんです。。

 

プロの要求に応えられず、完全にやり直す。

 

プロの舞台装置屋さんの手を貸してもらって
これぞプロの舞台になりました。。

期待に添えず、
時間もかけてしまい、
申し訳ない。。。

ここが一番ショックでした。

札幌でも、かなり協力して考えた
舞台でしたが、

 

「僕の考えの甘さ」の結果、

 

その努力が無駄になる。。。

 

関係者一同に
申し訳ないと謝ると、、、

 

「一生懸命
やってくれたのに、
逆に申し訳ない。」

 

この言葉で、
かなり救われましたが、

 

ダメさ加減に
イライラしました。。。

 

 

「分かった!位の用意が大事」
「プロに任せるべき事は、最初から出来ない」と
言えば良かった。。。

 

反省のスタートでした。。

電源はあれだけチェックしたのに。。。。

オレのプロ領域はそこだった。。。。

とは言え、ちゃんと形と強度は出したので、
とりあえず、弊社としてはOKです。

次回に活かす。

 

プロの対応にて、
オンスケにしてくれている面々が最高
↑最終仕様に近づく(デザイナー入る)

よく読まれている関連記事