昨日、ホテルに戻って、メロンパンなどを食べながら「翌朝5時起き」確定なのに、

夜中テレビ見ちゃいました

 

「失敗自慢」の宝庫、月曜に最終回を迎える、「しくじり先生」出演していたのは「ルー大柴氏」なぞの日本語英語を使う、私らの時代だと「浅草橋ヤング洋品店」でブレイクしたあの人です。

彼の話を聴いて、

 

「あーーー!」と共感しましたよ

 

内容は、自身のナルシスト度係数が強すぎて、嫌われてしまい「出演番組ゼロ」、天狗になった!と言う様な話でした。

その事実を言う処がかっこいい

 

一歩間違うと、「私もそうですから」いやいや、若い時は、「確実にそうでした」(笑)
私の場合は、いろんなおかげ様で、多少なりとも仕事を続けさせて貰えている。と最近思ってます。

---

さて、話を戻して、ルー大柴氏が、再起した起因が、芸能界ではセットで考えるべき「マネージャー」の一言だったそうです。
あんた、何やりたいんですか?、売れたいんですか?、売れたくないんですか?” と。再起をはかれたご当人ももちろんですが、、「言った、若手のマネージャー」が最高。

本質の、「売れる」(成功するという目標)為に、仕事として、一番近くにいる人が、苦言を「真っ向、言う」。これぞ、嫌われる勇気。本質を求めるなら、嫌われてもいい、そんなの関係無いという姿勢、最高です。

そして受け入れた、ルー大柴氏。そこまでになるまでに、相当苦労(時間)したんだと思いますが

それでも。がんばった。かっこいい(^^)

----

トゥギャザーしようぜ!と言ってたオレがやってなかった。
かっこわるい、失敗を認める/恐れない←ルー大柴氏の言葉です

 

偶然見た 深夜テレビ。。
テレビから学ぶの巻でした。

メールマガジン|佐山廣和 バックヤード メールマガジン|佐山廣和 バックヤード
都道府県

よく読まれている関連記事