企業活動を行うには、

「ブランディングとストーリー」が、

必要不可欠。

ストーリーは
ブランディングの延長線上で、
永遠と脈々と続くと考えてます
「ネバーエンディング・ストーリー」
の様に(笑)

 

「ブランディング」

何すればいいのさ?と
思う向きも多いでしょう。

 

プロダクトは、ぶっちゃけ、
日本製なら、どこでも

一緒でしょ?と思ってます。

 

要するに、
あこがれて頂く存在であるか否か

 

「仕事」という意味で
出来るは当たり前

そこを踏まえて

当然の事として、

クライアントに伝える
(伝わる様にする)

 

 

これ怠ったらダメですよ。

 

↑これ、うちの営業車です

 

訪問した際に、

 

「あっ!」と
思うような車に
仕上げて「もらいました」
しかもセルフブランドネーム
「Sayaman」入ってます(笑)

 

僕の感性では、

 

お客先、、
こういう処見てます。

 

仕事の
出来栄えが
良ければいい

 

そんな時代終わりです。
出来るの当たり前

 

更に、出来そうに思える事、、「大事」です
見えるだけは論外ですが、

大抵ですね、、どっちかしか無い事多くて。。

感性の合う方に特化していく。。。
こういう感覚も必要だと思って実践してます。

 

車に詳しい方が
よーく見ると、、、、、、(笑)

一般的な人は、
そんな事気がついてませんから(^^)

 

 

よく読まれている関連記事