企業活動を行うには、

「ブランディングとストーリー」が、

必要不可欠。

 

実はブランドの前に「ストーリー」

 

何すればいいのさ?と
思う向きも多いでしょう。

 

さて、という訳で、
今日の「ストーリー」の話題は

 

昨日おはなしした、
パブリシティ

 

「パブリシティ」

 

背景を大事にすると昨日書きました。

背景、、、

背景構築するには、、、

 

過程(それこそストーリー)を大事に、

 

想定する。。

 

ここを想定する(イメージする/イメージされる)

 

 

 

結果を想定する。 結果をイメージする。
なんて、良くいいますが、、

結果イメージしてどうするんですか?

結果は「確定」ですから。

 

結果確定に向けて、

その「過程」
その「最中」
に起こる何か?を沢山

「想像する」

 

こうなったら、こう

こうなっちゃったら、こう

 

結果にフォーカス。
基本だと思いますが、、

 

その結果にフォーカスあて、

その過程をしっかり、アピールする

おそろしく大切です。

 

黙っていても、
お相手も、自分も、

「超能力者」では無いので

だれも分かりません。。

 

 

しっかり、伝わる様に、アピールする。。

どうせやるなら、、、

パブリックに通達しましょうよ。

 

「報道」されましょうよ。

 

私、新聞/雑誌/テレビ他、、、
もう何社出たか分かりません。(笑)

 

最初の一歩は、、、「プレスリリース」

これ、書き方あるんですよ。

 

最初のご縁を大事にすれば、、、、

 

—–

 

実は僕、プレスリリースは数年前、何回かやって
後、やってません。

 

でも、今でも沢山いらして取材依頼頂けます。

ちなみに、、、

1回出ても効果なんてほぼないです。

うちみたいな超零細企業が記事になっても

ほぼ興味なんて、出ない(笑)

 

そこを解消する為に、、(笑)

「数」(笑)

 

事実しかキャッチアップされませんから
沢山の事実をアピールする(効果的に)

 

何やったのか?
いくらでもお伝えできますよ。

よく読まれている関連記事