シャッターの調子が良くない!との連絡にて
どう対応すれば、良いか?で悩んだ話です

当初は、
 「鍵が回らないし」
 「重い!」

という順番の話でした。。

行くと、鍵の事より、

    「重い!」

昔は、こんなに重くなかった!と、、、、、

 

正直ですね、私が持ち上げても重い。。。

軽量シャッターではなく、重量シャッター、
一般住宅には、あまり付けないタイプのシャッターです。。

 

重さに関しての不満は、分かるんですが、
対応出来ません。(付け替えれば治りますが)
どちらかと言うと、お客先の加齢による処が大きいの訳でして、
お客さん歳とったからですよ。。とは言えませんし。。

 

そこで、元からのご依頼の、まず、鍵の動きの方に対応。。。

相応に年数経っているので、

  渋くなっている 
     &
 潤滑油を挿した模様

 

渋みの元凶は、潤滑油なんですが、

ほかも錆びたり
アームが曲がっているので、補正。
そして、潤滑剤を除去<これがなかなか出来ません
その代わりの通称「魔法の鉛筆登場」

どうですぅ?

と塩梅を確認してもらうと、、、

「おぉー軽くなった(^^)!
  前よりスムーズにあがる

へっ?

お客先の感覚は千差万別。

そっちはいじって無いですよ。と、言いましたが、
そこらは、良いらしいです。

いやーありがとう! と喜ばれました。。。。
素直に喜んでいいのか疑問ですが、
お客先がそう「感じているなら」それで最幸です。


プラシーボ的な効果かな?

 

そうそう、
鍵に、潤滑油C?C556等)は、絶対駄目ですよ。

ちょっとした、粘り気(長期間続きますので)
これが、鍵内部にゴミを付着させて

渋くなります(特にキーシリンダ)

そして、そのゴミが、なかなか無くなりません

鍵は小さく、力が入りにくいので、
益々回らなくなります(^^)

渋いなぁ-と思ったら、

鍵(Keyの方)のギザギザ部に鉛筆
 「こすりつけて」 から
鍵、回してみてください
(鉛筆は柔らかい芯がいいです)

 

よく回る様になります。
ミニ情報でした。

メールマガジン|有限会社トミタ
メールマガジン|有限会社トミタ

よく読まれている関連記事