なんとなく、
 こういう人多いなぁと感じる事ですが、、

1)正解に向け、失敗を嫌がる
2)指示待ち、指示部だけやる
3)目の前の成果だけ優先
4)無理しない

大きな会社組織全体や
 その組織に属している人に

多いかな?と思います。

簡単にいえば、

「待ってる人」

昭和型のトップダウン式経営や

同じく

結果的トップダウン式経済だと

相応に効果と評価を得られたと思います

 

ですが、

 

日本の実際の市場をみると、、

 

「どう考えても、
  既存製品への
    付加価値 投下は、、、」

「2mm3mm」の違い。。
性能とか、機能とかよりも最近のマツダのデザインとか、、、
こっちかなぁ、、

 

ビジネス的にみると、

 

「何がニーズなのか」
「何が結果的にニーズになるのか」

 

もう、わからんと思うんですよ。
(ある程度完成されてますから)

 

そしたら、どうすればいいんだろ?

 

「行動する人」≒「利他的思考」(あなたのためぇに~)

自分は、
直利ではなく、副次的利益でよし!
経営者ならそこを狙う。
(そこをなぁなぁにするのはNG)

 

チンタラやってんじゃねーよ!
と、言う方法ですが、、、
↑出典 よっちゃん食品工業 株式会社

今はそういう地道な活動を
「知られる迄」に 時間かかりません。
ネットとSNSありますから、、、

 

仕事はクリエイトする時代。
クリエイトは、多数の意見を出して
みんなでやる時代。

 

みんなでやるには、、、、

自分で色々開示する時代。

開示してる雰囲気も大事ですが、

 

実際に具体的に開示しなければ、、、

 

「余計離れます」

「風」も大事だけれど
「風」では駄目

 

どんと来い!と考えてます(^^)

よく読まれている関連記事