ロシアに限らず、
昨日の様な講演の場合、
プライド高い参加者の方が多いです。

 

質問などありますか?

 

に対しては、ほぼ無反応(笑)

 

「本当はあるんですが」

 

昨日は、
実際、ロシアでビジネス展開
されている日本語ペラペラの

 

「ポポフ氏」が居て

 

助かったでしょうねぇ

 

 

顔は強面で、
語尾にも力のある方ですが、

 

なんで聴かないんだ!

 

という姿勢バリバリで、

 

話題を振りまくります。

 

結果、

御社は「風力」なんかは

やってませんよね?(苦笑)

なんていう、プライドの塊の様な聴き方の

質問が出るわけですよ。

 

 

 

もちろん、再エネやってるので
知らない訳が無いです。

じゃー北海道の某機関紹介しますよ。

2月に札幌に来るツアー
あるじゃないですか

 

その時に逢える様に
セットしますよ。と。

 

「スパシーバッ!」

 

非常に喜んでました。

 

 

あのまま帰ると、

なんのこっちゃ?みたいな事になっていたハズ

 

 

 

皆さんは、

 ちゃんと質問してますか?

 

そして、こういう時

 舟出せる係になれますか?

 

これから、こういう事を
ポポフる」と命名します

 

かっけーなぁー ポポフさん。

僕も来たかいがあります。

ありがとう、ポポフさん

メールマガジン|有限会社トミタ
メールマガジン|有限会社トミタ

よく読まれている関連記事