ロシアに来て、言われることは、

「安いモノを!」

と、要求されます。

 

高いから売れない
高いと買わない、

安いモノでなければ 売れない!

と、力説されるのですが、、

 

「市内を走る車、
 結構、レクサスやランクル多いです」

 

日本車ばっかりで、日本国内か?と、錯覚しますが、

 

高級車を買ってる

事実から考えると、

 

別に安い必要は無いのかも?

 

安くないと売れない!
と思う業者と、

実は高くても買う!
消費者の違いが如実です。

 

ビジネスコストとして、
価格競争は当たり前ですが

 

与えるバリューから考えると
金額が一人歩きするのも危険

 

そして、なんとなく、

 

強引に言ってみたら、

安くなるんじゃない?

と、思われているかも?

 

「日本人」

 

なんて思いました。

 

 

ただ、市民感情は

旧ソ連からの流れで、

衣食住のうち

特に「住」は「ただ」

という概念がある感がします。

 

そこはちょっとズレがありますな。

総じてですが、

今ロシアを動かしている

方々の根本(教育/習慣)も

ちょっと違うんでしょう。

 

数十年前から続く、

日本とロシアの根深い関係が、、、、

 

多少影響してるかな。

 

これから
これから

 

いずれにしろ、

 この厳冬の地で、一生懸命な

 皆さん、かっこいい(^^)/

 

ちなみに 笑える間柄になると、

最高に楽しい人たちですよ。

よく読まれている関連記事