さて、さて、ビジネスっぽい話です

大分、波は引いた感ありますが、

道内は、

インバウンド期待感

まだ、強い気がします。

 

インバウンドは、
 多様な解釈があるのですが、

 

なんとなく
 外国の方々に、
  日本国内で、日本のなにかを
   買って頂いて、お金が落ちる。

なんて、思ってる方多くて。

 

モノがよければ、
 モノさえ良ければ、
  大体用意しておいたら、売れる
   外国の方に。。

こんな感じに捉えてません?
 と、思ってます。

 

積極的に売れているだけで、
 戦略的な事は、あんまり感じません

 

外国の人、向けに売ってるだけ。

 

なんて思ってます。

 

地球アジア州日本国北海道札幌市
 厚別区大谷地西3丁目5-12

 

に住んでるからねぇ、、

そだねーの感がしません。。

 

これって、

 アウトバウンド じゃないですかね?

 

外国人が日本にやってくるから「だけ」で、
インバウンドじゃないですよ。

 

このイン、、

我々、商売人側を

捕まえてもらう(向こうから)

 

 

お客先から、

自主的に、
 見つけて、
  捕まえてもらう

 

自社に勝手に

 「イン」してきてもらう
  ビジネスモデルです

 

どうぞ
 お間違えなく(^^)

 

 

僕は、仮想空間的

 

「口 コミビジネス」

 

なんて思ってます。

 

もちろん、この口コミが、、、

 

メルマガだったり、
 SNSだったりして、、

 

その後にする
  消費者行動の
     カタログを見る

 

 

これがWEBだったりする。

 

なんて思ってます。

 

「LP」はこのスキームが
出来上がってからですよ。

まさに三河屋さん商売(店舗内での店員さんも御用聞き)
これぞ

インバウンドの積極的王道

なんて思ってます。

こんちわーばーちゃん元気?活動

精進します。

PS:
インバウンド>マーケットインバウンド
アウトバウンド>プロダクトアウトバウンド

なんて捉えていただけると(^^)

よく読まれている関連記事