スウェーデン
 アーランダ空港からの

帰路の最中、、

ラウンジ巡り?」の様な

利用方法で帰ってきています。
SAS,Diners,SAS,ANA

(実際現在、羽田のラウンジ中)

ビジネスラウンジばっかりなので

 当然ビジネスマン多い訳ですが、

 

 

海外の国際空港での

 ビジネスマンのスタイルに注目

 

「インカム使って、
  多分スカイプ会議中」

この度合いが多かった。。。

 

事務所内や、

 ホテルでスカイプは、

僕なんかでもやりますが、

 

 

 

空港のラウンジで

 

 

 

熱弁ふるってました。

 

 

時代は、

 もうこういう時代なんだな

 

これで、

 なんとなく十二分な

  コミュニケーション(ビジネス的に)

じゃないか?

なんて思うのですが、、

 

空港ラウンジに
 居るということは、、

あえて、逢いに行く

と、いうスタンス。

 

この重要性、

 

最近の日本人、、、

 

忘れている処 と

 注意している処が、、

 

僕を含めて

 ズレているかも。。。

 

 

 

逢う重要性、、、

 特に忘れてます。

 

逢った方が 早い重要性

と、

逢わなくてもいい、重要性

 

ごっちゃにしてませんか??

 

 

なんて、

思う訳ですが、

 

 

 

遠くてめんどくさいなぁ

と、つい思ってしまう訳です。

 

 

10万かけて、

 逢いに行くと、

  30万の利益が出るなら

 

 

 

いきゃーいいんですよ。。

 

 

 

と、今回は実践したので、

思う訳です

 

 

今後も、

 いろいろな方に迷惑は、

  かけるかもしれませんが、

 

 一時の事と認識して、、、

 

 

 

 

精進します

 

 

 

 

 

★ご意見/感想待ってます

 

https://1lejend.com/c/CRBE/D5oX/n/

よく読まれている関連記事