昨日(日曜)のお昼頃に
 弊社の灯油受注システムに

 

私のスマホに転送メール

灯油入れてほしい旨の連絡。

チャンスロスと
情報伝達の方法シフトを再考しました。

 

なんとなく、おごりで考えると

「日曜じゃない今日」
「HPからより電話すればいいじゃん」
「緊急なら電話で」

なんて定義してます。(ました)

 

現実的にはイベント中で
向かう事は出来なかったんですが、

 

メール返信にて、
本日は休日でして、配送は明日になります。
と連絡を行い、

本日、電話してみました。

 

「昨日欲しかった」
 申し訳なかった。。。

 

参りました。

「うちの定義の仕方が甘くて」

 

お客先目線だと、
 応えてくれるんじゃない?
  プラットホームな訳です。

そして、時代は、
 メールは通常な連絡ツール
  そういう時代なんだと。。。

 

 

昔、うちの子が、
 悪そうな連中に囲まれて
  「お父さん助けて」

 

この連絡がラインで来た事
 ありまして、、たまたま見て、
  事なきを得ましたが、

 

 

ムムム!

と思い起こしました。。。

緊急でもメール

 

そういう時代か。。。

私、いわゆるIT業界出身ですが、
メールは、エビデンスとドキュメントの
やり取りが主軸で、どちらかと言うと、、

 

「まぁまぁ、急ぎませんよ」

 

こんな時に使うツールだと
思ってました。

これ、
考えなおさないと駄目だな。。。

 

早速、オーダーフォーム部に
*HPからのご注文は、当日配送は承っておりません。翌日配送となります。
 (また土曜日曜祝日のご注文は翌営業曜日の配送となります。ご了承ください)

↑文言追加しました。
ご注文頂いたお客様、申し訳ありませんでした。
猛省して、

精進します。

 

 

★ご意見/感想お待ちしてます

メールマガジン|有限会社トミタ
メールマガジン|有限会社トミタ

よく読まれている関連記事