新規取引開始の時、

これを見たら、
 大体分かるモノが二つあります。

「事業計画書」

「見積もり書」

■事業計画書>

何をやって、どうやって
どういう利益がどう、いつ
出てくるか が、

数字の流れと項目で、
凡そ流れが読めて、

出来れば、

損失は大げさに
収益は少なめの計算に
なっている事。

 

↑こんなに資料いらない

 

 

 

■見積もり書>

見やすいのは、もちろんですが、
「一式」の計算の根拠が
書かれている事

発注書か?位の
品番明記などあれば尚可ですが、
時間ばっかりかかるので、
無くても、、、

一番重要なのは、、、

工事の順番に添って
見積もりが記述されている事
だと思います。

↑まぁまぁ全く分からない例

 

これが出来ている業者さんは

信用してます。

「私」が(笑)

お前が出来てないじゃん!
 と、言われない様に、

精進します。

 

 

★ご意見/感想お待ちしてます

メールマガジン|有限会社トミタ
メールマガジン|有限会社トミタ

よく読まれている関連記事