先日、建築業界の話で、

「大工さんが足りない」

なんて事を書きましたが、

実は、
現場代理人さん機能として足りません

 

■現場代理人
■現場監督
■帳場

なんて呼ばれている人達です。

↑こんな笑顔の代理人見たことありません

 

作業の工程管理を行い、
 現場がスムーズに運用/運営する為の
  係の人です。

 

大手建設業なんかだと、
 専門の人が居ますが、、、

 

 

中小零細企業だと、

元受け企業の、
社長さんがやっていたりします。

 

「これが適当」

行程をキープする事が
大切な事なので、

 

■人員が足りなければ、投入
■資材が足りなければ、追加発注
■時間が足りなければ、ネゴ
■工程キープができなければ、リスケ

等を、「先行して」決定、実行

 

出来なければ、
工程に沿って仕事している企業筋に
保証行動。。

何てことをやるのが、
 当たり前なのですが、

 

■○○の作業が遅れているので、
 いつできるのかわからない。
 用意はしておいてほしい

 

これが工程管理だと思っている人が多い

↑表を作るのが仕事だと思っている人もいますが、、

仕事ですから、
 遅れる事も、いっぱいありますよ

工程管理をしなければ
 いけない立場にあれば、、
  どんな理由があってもですよ

意識として
責任は、この人がもつのが、当たり前

どうにも、
 人のせいにしてるのが(笑)。。。

正直、

人の事を言えない時もありますが(笑)

せめて、意識として、
迷惑かけるのは、エンドユーザー
ここに注目して
常に、二の手、三の手、用意する様、

精進します。

★ご意見/感想アンケートは、下記まで(^^)
相当、励みになっております(^^)
https://1lejend.com/c/CRBE/D5oX/n/

よく読まれている関連記事