先日かかった来た
電話が「シュール」です

↑写真はイメージです

開口一番

「あぁー〇〇だけど、社長いる?
 窓の取っ手が変なんだ、ドライバー刺す
 処あるから、刺していいか?
 お宅に4,5年前につけてもらったヤツ。」

「もう壊れて困ってる
 社長ならわかると思うんだ、〇〇だから、
 社長に変わって。」

 - 全く誰かわかりません -

 

私「えーっとですね、社長、私ですが、、」

すでにシュールです、、、

↑一生懸命、お客先の、当たりをつける。多分、□□の人だな多分。。誰?

「あっそうなの?
 最近かわったのか
 社長に聴いてみてよ」

私「では、伺いますよ。電話口では、
  ちょっとわかりかねますので」

「じゃいつでもいいから、来てよ」
(大抵こう言われる(笑))

札幌市△△の〇〇

全く覚えに無い住所(笑)
↑やばいやばい

 

 

-----

 

 

うちの会社、、

開業してやや「50年
私がここに来て、
なんだかんだで「22年
社長になって「15年」です。

 

□ 4,5年前につけた
□ もう壊れた
これが曲者なんですよねぇ(笑)

↑くせものじゃ

 

お客さんの感覚だと、
こんなもんなんです。

少なくともですよ、
私が社長やって「15年」。

そうすると、最も新しくても
16年前のものと言う事になります。

そりゃー壊れる事もありますよ。

 

マシンガンの様に
話をされている最中に、

窓、16年前壊れた取っ手

このキーワードから、、
想像しまくり、、

T社製の複層断熱サッシの
横滑り窓の「ハンドル」が割れたんじゃないか?

と想像して、、

私「窓開ける処のハンドルですか?」

そうそれ

私「ハンドルの下にある、
  あたかもマイナスドライバー入る様な
  隙間にドライバー刺したいって事ですか?」

私「ひょっとして、ハンドルにヒビが、、」
   

「そうそう、そうなのさ」

------

紫外線劣化で
 良く割れるんですコレ。

まぁ、16年も経てば
 そういう事も起きますよ。

------

 

ねっ。

 

見た目の存在感が変だ。と、
言われる私でもこうですよ(笑)

そして、16年経過していても
「4,5年前に、、、」

いいんですよ。

 

そこを汲み取るのが、
我々「プロ」ですから(^^)

もっと困るのは、、、

同じ様なシチュエーションで

「うちは、何でもトミタさんなの」

22年間お逢いした事ありません

金物店やってた時の
 お客さんだと思います(^^)

社長元気?

「はい元気です」
(ここに居ますとは言えない)

新しく入ったんだね

「はい。今後共ご贔屓にお願いします」
(22年前に、とも言えません)

当社では、
先代が未だ「社長」と認識している
お客さんも沢山居ます(笑)

 

 

影の社長として精進します

 

★ご意見/感想アンケートは、下記まで(^^)

https://jp.surveymonkey.com/r/R7K2J83
info@sayamahirokazu.com

よく読まれている関連記事