私も、通称「講師」もやっていますが、どうしても、不思議に思う事があります。

-綺麗だから聴くの?

 

ビジネス関係の講師をおやりの方、、、

  • 専門セミナーだけで学んだ人
  • 空の上を飛んでいた人
  • テレビ/ラジオに出ていた人
  • 本で読んだダケの人も居ます。

こういう方、「わりと多い」と思います。。いいんですよ、それはそれで。ただ、実践経験無いですよね。
テクニック系の場合は、これでいいと思います。
ビジネス「展開」という話をされる方で、こういう方多く見かけるんです。
「だから、何?」みたいな。

企業の中に居たとか、誰ソレのやった事を近くで見たとか。
技としての失敗は沢山されていると思うんですが、会社や法人格としての猛烈な実際の失敗の経験は、ほぼ無いと思うんですよ。えぇ、要するに「責任を取る」位のミス。
やってはイケナイかもしれませんが、経験してないとダメだと思うんですよ。無論、成功したという実績は確実に無いとならないとは常識的に思います
そんな失敗をしたのにも係わらず、企業内に存在できた。。という事は自ずと実力がある。という事ですから。
成功体験だけが伝わっちゃう講師。(実体験してないのは論外)それ、どうなんだろ?と、いつも思います。そこから、どうリカバリしたか?だと思うんです。そのリカバリという背景があっての講師だと思います

・講師目線だと、

 - 成功しかしてない講師 is  マター

・聴く目線だと、

 - 失敗からリカバリもできる講師  is ベター 

-やっちまった。。。

実践して来た成功と、リカバリ力から来る成功が本筋だと考えます。
美しい方の言う、理路整然としてパワポで、「素晴らしいセミナーの外側」だけの内容のセミナー。。。全然意味無いです。(大事ですけれど)

それやったらどうなったの
ついでに、それをやる意味は
どちらも具体的に経験談で教えてくれません?

(お金払ってますから)

と、聴いてます。答えられない講師は論外

「具体的」

失敗力、負けませんよ。失敗から学んでここまで来てますから(^^)

それはお会いした際に(笑)

メールマガジン|有限会社トミタ
メールマガジン|有限会社トミタ

よく読まれている関連記事