まだまだ、わからないことが、沢山あるので、続けざまに、疑問に思う事を書き残します。「営業」さんの話ですが、なぜか、「サイクル的」に移動しますよね。特に大手企業さんに多い様な気がします。。

・銀行マン
・車の営業
・業者営業
・官庁関係

-客先の信頼感ある営業「人」

 

色々、部門を渡らせて勉強させる為、癒着を防ぐ為とかあるんじゃないかなぁと思います。でもそれって、

「あんたの会社の都合すぎ」

「カスタマーファースト」と声高に言うなら、お客先が望む事をやりましょうよ。2年に一回位の割合で、まず、私の空気感と人物像から感じて貰わなければならない。「めんどーくさい」、数年かけて出来上がった信頼関係をまた構築しなければ、、、たしかに前担当が???の場合は変わった方がいいですが、、、。
びっくりする程の社員研修でもされていて、

誰が来ても“SAME SERVICE”

ならいいですが、そうでも無いですよね。全員が同じレベルになるまでの教育も、自助努力も出来ないと思います。

一番根幹のお客先を大事にする。御用聞きであるはずの営業マンを移動させる。

「馬鹿じゃないのか?」

-いいからやれーー

 

同じ人から、買う。「人から買う」んですよ。「人から」だから、辞めさせない様にする。「辞めろ!」と言われない様にする。全ては、お客先の為。お金が付いて来るのは、それあり気のその先。
目先のお金の回し方がお上手な方、「死ぬほどいます」でも、あなた以上に、上手に廻せる人がいたら、その人って事ですよ。(それもまた然りですが)
それこそ、コンピュータに勝てなくなります(んじゃないか?と)

安定している、地域を担当しているのに移動。。何がしたいんだか。。仕事って、2,3年で覚えたり、信頼関係ってそんな早く構築できるもんなんだろうか?
20年以上社長やってますけど。。。仕事は遅いし(笑)、別の事業に戦略的に時間を割いた時のお客先の一言が離れません。

社長やってくれないんならいいわ、やらなくて

-おやくそく

 

ある意味、ありがたい言葉ですが、今後の課題も見えた一言でした。


メルマガ発行してます(^^)
ここには出さないお得情報や、内緒情報を乗せてますよ。
メールマガジン「Japanの風」の読者登録は、下記登録フォームより。

メルマガ「Japanの風」の読者登録をする
©integratejapan

 

メールマガジン|佐山廣和 バックヤード メールマガジン|佐山廣和 バックヤード
都道府県

よく読まれている関連記事