昨日の続きですよ。FBにて、「犬」とか「ネコ」とか、「漫画」とかの顔にしているのにどんな人だったか覚えている人」の話の続き。
本来は顔を出すのがルールマイノリティです。マイノリティなのに記憶に残る

言ってるコトが、また「アレ」ですが、普通に顔を出している人でも覚えられないのは、

物理的に遠い引きの写真で
あまりに現実と違いすぎる

などもありますが、よほど知り合いでも無ければ覚えにくいです。

でも覚えてくれるマイノリティは、マイノリティという記憶に残される処を上手に利用できるだけの、「コメント」をしてくれる人。このヒトは覚えます。いやいや、結果的に記憶に残す動作をしてしまうんです。

ー珍しい花ー

 

だれだっけ?この人と調べちゃいます。その動作で覚えちゃいます。印象の残し方、ではなく。印象の残され方。なんとなく中学英語の「受動態」みたいな考え方です。受動態を考えて、動くと、廻りの反応が変わりますよ。(^^)
発信力は実は二の次気になる人は、「気にしてくれる人」
ーいい男ねー

 

ただ、
面白くも無いのに、
言ってるコト違うのに、
全然面識も無いのに、、
受動態活動したらダメですよ。

「残され方を意識した、残し方」をするかしないかで、
大分変わります。コメントも全世界に披露すると思えば、

効果的な「発信です」

ランチェスター戦略
もちろん、残され方の良し悪しを鑑みるのは大人のルール


メルマガ発行してます(^^)
ここには出さないお得情報や、内緒情報を乗せてますよ。
メールマガジン「Japanの風」の読者登録は、下記登録フォームより。

メルマガ「Japanの風」の読者登録をする
©integratejapan

 

よく読まれている関連記事