-綺麗事は言わない-

企業や法人として、しっかり利益あげる事は、「当然」の事。これを当たりにしてから、進まずに「何したいの?」と考えています(思っていません)。はっきり言っておきます。

「儲る≒ビジネス」

だと考えてますし、それやらないと意味無いです。

✕「儲ける」
◯「儲かる」
全然違いますよ

言い方が乱雑ですね。「利益出る」が正しいですね。極稀に「利益なんか出なくていいんです。食っていければ」と仰る方います。「クイブチ」として考えるならそれもアリです。ですが、お客先の事考えてますか?。何かあった時、対応して差し上げる事可能ですか?。お客先は、色々期待して我々を選択してくれたんです。
対応する余力を生み出すのは必要。もちろん適正な幅というのは当然の概念です。

-お客先を念頭に-

だから、徹底的に儲かるスキームをどう構築するか、零細企業としてどうやるか?を実践しています。

さて、えっと、、何やったか?でした。手段(方法)は別にして、「個別目的」を。

・「嫌われ無い様にする」

・「相手の為だけからスタート」

・「聴くを徹底してみる」

結局、売上上がって、嫌われましたが、「そこまで考える必要も無い」ので、私を必要としない人には、セールス&協業要請しない事にしました。見かけと言動による、無駄な逆排除を防ぐ様にしてみました。

「好かれようなんてこれっぽっちも思ってません」

そうしたらですね、、、
例えば今までは、「社長」さんからだけ好意的だった事が、「部長」クラスまで「バンド」広がりました。結果的に、信用度が大幅に上がりました。??速度と、??規模で◯◯◯◯です。
社長をハイエンド顧客、部長をミドルレンジ顧客と置き換えて考えても良いと思います。

「6倍の効果

この「目的」と「完遂させる行動」が事だと考えてます。目的も無いのに、色々やっても、何の効果も出ません。

やったら出るではなく
出す為に「やる」
やるからには「出す」
これ覚悟だと思います

相手がわかるように、今すぐです

 


メルマガ発行してます(^^)
ここには出さないお得情報や、内緒情報を乗せてます。
メールマガジン「Japanの風」の読者登録は、下記登録フォームより。

メルマガ「Japanの風」の読者登録をする

©integratejapan

よく読まれている関連記事