みなさんは、いわゆるドキュメントって、

「紙派」ですか?
それとも、
「電子派」ですか?


私は、頂くなら、発注書/見積り書/納品書/請求書/資料は、電子版でお願いしたいんです。
保存媒体として、紙は

「どこにあるんだか分からなくなる」

社内システムで反映させるときに、間違いが発生する時があるので、出来ればですが、電子版で送ってもらった方が助かります。さらに言えば、PDFではなく、コピー&ペーストしやすいエクセルやテキストファイルで頂いた方が大変嬉しいです。(私の都合ですから無視でOK)
クラウド上に保存するか、メール添付であれば、ほぼ全世界でリアルタイムで見られますし、整合性も完璧だからです。(スキャンすればいいだけとも言いますが、、)

やってくれ!という事では、無く

「これ普通になりつつありますよ」という事と、相手の意向も考えましょ!と、言う人もいるという事です。
結構、PDFで送って欲しいという取引先さん多くなりまして、FAXっているんだろうか?と思う事が多々担ってきました。
未だに受注管理がFAX(紙=エビデンス信仰)、非常に煩雑で、面倒です。この際、「紙で出てるだろーー」と相手が思っても、紙にすら出して無い事沢山ありますし、いくらでも適当にする事できます。
(PDFでもできます簡単に。)

この際、最も紙で
いやなのは、
「読めない字」


読むのに時間かかる!すでに安っぽい仕事をするんだなと思います。汚すぎて分からない「図」もそうです。だったら書くなと。なぜなら、そのドキュメント、、、どこかで、誰かに、見られるかもしれない訳です。特にお客先に見られたら、適当な図を書く業者さんが入ってる!。これ良い訳が無いですよね。そこまでアレ(どれ?)ですが、お客先ファーストの時代、要求している事から、3シーズン前の業界ルールを未だに適用しているのはどうですか?とビジネス的に感じます。

お客先ファースト

読ませる!という事に関してはFAXが的確なんですけれど、お金貸します系のFAXの様に、現段階では要らない(笑)FAXの様に、逆に読まないという効果もあるかもしれませんが。。

いやしかし、、ホントになんて、書いてあるんだろ。コレ。


メルマガ発行してます(^^)
ここには出さないお得情報や、内緒情報を乗せてます。
メールマガジン「Japanの風」の読者登録は、下記登録フォームより。

メルマガ「Japanの風」の読者登録をする
©integratejapan

よく読まれている関連記事