先日聴いた、うちの従業員の話です

お客先の処に伺ったら、どう見てもいる感じなんだけれど、ピンポン押しても出てこない。通話のみのインターホン。これで住んでる年齢層もわかりますけれど、強引セールスの様に何回も押すのも、どうかなぁ?と思ったものの、もう1回押したそうです。

-出てきてくれたそうです-
お客先の一言

「いやー私一人で住んでるじゃない。」
ピンポンは、2回押されないと出ないの

ピンポンハ2カイオサレナイトデナイノ
ピンポンハ2カイオサレナイトデナイノ
ピンポンハ2カイオサレナイトデナイノ

ガビーーーン

訪問者が、かならず「2回押さないと出ないルール」私初めて聴きました。こういうお客さんも、いるんだと、50にして知り、ここの家は、「2回押す家」という覚え方で印象に残こします。アプローチの仕方もなんとなく掴めますね

お客先は、我々から見たらかなりの確立で身勝手。その身勝手にどれだけアプローチできるか?が

「勝負」

身勝手ではなく、純粋な要求


メルマガ発行してます(^^)
ここには出さないお得情報や、内緒情報を乗せてます。
メールマガジン「Japanの風」の読者登録は、下記登録フォームより。

メルマガ「Japanの風」の読者登録をする
©integratejapan

 

よく読まれている関連記事