先日、東京のお土産を「仏さんにあげた」お客先から、携帯に連絡。

「社長?足場ってもう降ろすよね? 足場あるうちにさ、、屋根塗って
全く予定に無い作業工程です。
塗らなくていい様な状態の屋根なので、

「まだ、いいんじゃない?しかも、塗る必要がある場所は、足場要らない箇所だよ?」
と、かなりの費用になってきているので、余計な心配で、一言言ったんですが。。。

「いや、いいのさ」

 

きっと、きんつば効果、様様です。。
お願いされたなら、しっかりやるのは当たり前なので、「見積り出すね」と言ったら、、、

「いらない」

信じてくれてありがとうです。
きんつば効果など書きましたが、実際は作業をしてくれている「職人」さんが素敵だからです。関係者のみなさんありがとうです。感謝感謝。


辛辣な意見を一つ(笑)

私の廻りの職人さん、、素敵な人多くて助かります。ありがたいことです。
問題が一つあります。職人さんが手配してくる別の職人さん。
ここに問題がある時あります。
挨拶しない、知らんふりする、「オレはこの親方の言う事しか聴かない」

ちがうだろ

お客様、帳場(現場監督)、その親方の順じゃないなのかな?
そういう職人的な感覚「やってやってる」の時代終わったと気がついて欲しいなぁ、、、、
それと、そういう職人連れてくる、親方も見られてるのをお忘れなく。
仕事では一歩も引きませんよ私。
まず、その風体と、心配りから直して来い。


メルマガ発行してます(^^)
ここには出さないお得情報や、内緒情報を乗せてますよ。
メールマガジン「Japanの風」の読者登録は、下記登録フォームより。
メルマガ「Japanの風」の読者登録をする
©integratejapan

よく読まれている関連記事