先日、某イベントにて、
稚拙なダンスを世界発信
されてしまいましたが(笑)、
体のキレが悪くて嫌になりました。

「途中で転びそうになる」

↓倒れそうになるのを体傾けて逃げる図

倒れそうになる処を、
切り替えてなんとかしましたが

テクで逃げた訳です(上手いとか上手くないとかは別にして)

ダンスにしろ、自転車にしろ、基本部がちゃんと出来ていないと、
経験があればなんとかなりますが、なんとかなる程度だと思います。

体を使うなら、
「インナーマッスル」(体幹)
出来ていないと何にもできません。

痛感しましたわ。

転じて、これを仕事に置き換えると、
基本ってのは何でしょう?

人としての基本、「魅力」があるか?だと思います。
難しいですよねぇ、「魅力」は、
自分でアピールすると「ナルシスト」になりかねないです。

↓「オンリーワン」の存在

ナルシスト<>魅力と感じられる「域」まで到達すれば、
それはそれでOKですが、あきらかに「自己満」になってる場合は、
なかなか。。。。

インナーマッスルも魅力も鍛える方法は、

すごい地味な事を研鑚する。

↓スポット溶接にて強度を高めるレーシングカー

つまり、最もやりたくない事(忘れてる事)を率先して実行する。
ここに辿り付くんですが、まぁなかなかやらんですよね。

でも、プロの連中はここがアマと違います。
プロはしれぇ~っとやってます。

よく読まれている関連記事