相談相手にする人で、
物理的に「話しやすい人」と「話すべき人」を
間違ってる時ありますよねぇ。

「話しやすくて、話すべき人」

だったらいいのですが、
なかなか見つけられないもんです。

話やすそうな人の例

話すべき人ってのは、

「一家言もってそうな人」

などと思ってしまいますよね。

話すべき人を逃す最大の要因も
実は自分でして。

「あの人は、いそがしそうだから」

いそがしい人(結果出してる人)に相談するべきじゃないですか?

相談という「」を満足する為の行動。

・とても並んでいるラーメン屋さんには
 並んででも食べるのに。

・美味しい隠れ家的なお店は
 一生懸命探したりするのに

同じだと思うんです。例にあげたのはお金払うからいいじゃん!
と言う潜在意識からですね。

いそがしい人に相談

アプローチの仕方を端折らずに、しっかり対応すれば、ちゃんと門戸を開いてくれますよ。
いそがしい人だったら。

 

ちなみに漢字の「忙しい」字が違うと思います

心を亡くしたと書きますが、

心が亡いのに「いそがしい」方に、

会った事ありませんよ。

なんとか時間を作ってくれる人、
これが、いそがしい人で、
指南されるべき人です。

逆に「忙しい人」は、
どんなに上手いこと言っても、
普通に離れていく。そんなもんです。

仲間居ないとビジネスなんて語れません

 

よく読まれている関連記事