時間が出来たらでいいから、「お店見てほしい」と言われていた、

知り合いの「居酒屋」へゴー!

 

札幌市内ですが、私と反対側の

はじっこに位置してますので

「高速使って行きました」(笑)

 

食べ物オーダーは、店主にお任せ。

無論「ノンアルコールビール」です

 

 

おぉーーー「混んでる」

混むような
立地条件にある訳では無い

極々普通の居酒屋メニュー

「きわだつ」何かは
無いけれど、

お客さまが来るお店です

 

「僕に来て!」
という内容は、

お客さんは、
沢山来るのに、
儲からない

をチェックしてという事です

 

隣に座っていた、おっちゃんと
得意技の「すぐ仲良くなる」で
意気投合して、
超くだらない話をし、

 

「赤ちゃん連れの家族」の
赤ちゃんを笑わせてみたり

 

「おしぼりどうぞ」と
持ってきたおねーさんに

「体ふいていい?(笑)」と

冗談を満面の笑みで言って、
引かれたり(笑)

 

暗い感じのにーさんに、

どうしたにーさん、疲れたか?
               串食べるべ一緒に」と

言ってみたり。。

 

ひとしきり様子拝見したのち

 

店の雰囲気に合わせて

 

お勘定!」と言って

 

とても
良心的なお代を払いました(^^)

 

 

店主さん曰く、「なんかわかりましたか?

 

「はい」

 

 

すぐ対策できると思うんですが、

実行できるかなぁ(^^)

 

みなさんも

ちょっと考えてみてください。

ご意見お待ちしております。
ij@sapporo-tomita.co.jp

 

 

よく読まれている関連記事