私、車好きなのでレース中継をよく見ます。

特に「F1」(フォーミュラワン)

放送の解説を聞いていると、

何言ってるのか??
分からない専門用語のです。

・デグラデーション
・タービュランス
・アンダーカット

好きな人や、マニア層は、
概ね心理も含めて
好意的に受け取るので良いとして、、

デグラデーションなんて、
「タイヤの状態」って言えばいいのに(笑)

アンダーカット、、
逆に気になります。

国際的なスポーツを紹介する番組が
マニアック

ビジネス的にどう判断してやってるのかなぁ?
なんて思う訳です。

 

好きなだけに、何言ってるんだか
分からない/いらない自慢話的な番組を、

見せ続けられるのは

苦痛

観戦中、隣で、ごちゃごちゃうるさい事を言ってる
オッサンの話は耳障り

 

さて、ビジネスでも、
「なんかオレ偉くない?」風味に
聴こえる言葉も沢山あります。

わかる人同士で話す分にはいいでしょうが、

会話相手にとって
それが標準語」なのかどうかは、

センス」だと思います。

横文字英語
知ってるのは
素晴らしいとして(笑)、

実績はあるのか?あんたみたいな

 

卒なく噛み砕いて言う

ビジネスセンスのある人は、そういう語り方してくれます。

 

説明しにくい言葉を端的に言ってるのが「英語」(横モジ英語)

僕の好きな横モジ英語は「フィジビリティ

ビジネス的な用意、計画、調査等の行動を網羅してる言葉だと思いますが、
僕は勝手に

 

「段取り9分」

 

と訳してます(笑)

 

最近、説明しにくかった言葉で、府に落とせそうな言葉は

「メディア・リテラシー」

これだけを「使う」とやばいやばい、ちゃんとニュアンスが伝わる
フィジビリティを構築しておかないと(笑)

 


☆メルマガ「バックヤード」登録フォーム☆
 よかったらご登録くださいませ

都道府県

よく読まれている関連記事