鉄骨屋根の補修現場です
(なんでも受けるなぁ私)

強力な人達が、
 職人さんとして
  現れました。。。

おそらく昭和の
 ダットサントラック。
  荷台サイドを、

「ガムテームで補修して」
「上から大体な色で塗ってある」

そして、、

ベンコラ5速シフト車(マニアック)

明らかに、
 荷台に積んでいる、
   ウェルダー発電機(溶接用)
     の方が数段、高価な車

おいおい
 すげ~の来たよコレ


そして降りて来た
 職人さん、70代二人

作業はゆっくり
 でも、はしご上がれる

なんか
 かわいい(^^)

そして、車内かかっている
    
    ヘルメット

大手ゼネコン現場対応
識別プレート付いてます!!!!

(これが現実感を出してます)

イメージ評論家としては、
 これは駄目!の例ですが、、

コレくらいの年代になると
 すでにどうでもいいのかもしれませんが、、

    「THE 職人」です。

個人的には、
 申し訳ないですが、
  来てほしく無い職人企業です。

ですが、
 需給バランスから考えると、、

 数が、「居ない」んですわ

 

仕方無いのかもしれませんが、、

逆に、ここに若手の方が
 センシティブにかっこよく、継いだら

仕事引く手数多ですよ。

ニーズはあるので。

 

 

問題はですよ。。
 私としては、ありがたいですが、、
  価格設定を確実に間違ってます

とても、
 コンサルしてあげたい。。。

ものづくり大国日本

これが現状ですよ。。。

精進しましょう。

★ご意見/感想お待ちしてます

よく読まれている関連記事